2019/11/18 09:40 午後

「アイム・ザ・ボス!」日本語版、近日発売します!

  • 2013/12/18 11:59 午後
  • 投稿者:


本日まで伏せて参りましたが、表題の通り、シド・サクソン作の最強バカビジネスゲーム「アイム・ザ・ボス!」を、日本語版にて、この度ニューゲームズオーダーより、リリース致し、ます!
いきなりですが、トラブル無ければ明日着荷し、順次出荷させていただきたいと考えております。
やっと、やっっとこの発表ができます!!

この2013年は私達にとってまさしく試練の年でした。再三ご迷惑をおかけしました「なつのたからもの」に加え、大に小に、様々なピンチが怒涛の如く押し寄せてきた1年だったんですが、その中でもこの「アイム・ザ・ボス!」の日本語版制作に関しては、様々な面から、非常に厳しい物でした。…と言っても皆様「何が?」とお感じの事と思いますので、何故今回のような事態に陥ったか、ということについて端的に申しましょう。

「複数か国共同でリリースするアイム・ザ・ボス!のボードとカードの完成原稿を(入稿前の確認の為)見せてもらったら、想像を絶する程ダサ過ぎてひっくり返り、こんなんじゃ金出せん、降りるぞ!と原語版パブリッシャーに宣言してからの侃々諤々の交渉の上入稿をストップさせ、ニューゲームズオーダーの制作班が原稿を引き取りデータ全部作りなおし(無償)」という事態になっていました。


…いや~。余りにも厳しい物がありました。元々アイム・ザ・ボスを現在出しているグリフォンゲームズ&イーグルゲームズとは、ニューゲームズオーダーの自社製品第一作だった「ロール・スルー・ジ・エイジズ」や「ハイソサエティ」「フォーセール」からの付き合いであり、良いパートナーシップを築けていたのです。その当時から一貫して同じ担当者と話し合って仕入れや制作を行っていました。

その流れから、先方で品切れのまま入荷できなくなっていた「アイム・ザ・ボス!」の再生産について(NGOでも堅調に売れる人気タイトルの1つでしたので)どうなっていますか?と尋ねた所、乗り合いで日本語版作らない?という話になったのです。正直ニューゲームズオーダーの規模で言うと、アイム・ザ・ボスは大箱のタイトルで、資金的に厳しい…という思いはあったのですが、一方でこのゲームは、名作というだけでなく、自分たちの「心のゲーム」とも言うべき大好きなタイトルでもありました。それが、この話に乗らないと再生産は無い、というジレンマに直面したのです。結果、清水の舞台から跳び下りる思いで日本語版の制作に合意したのが今年の始めごろのことでした。

こういった乗り合いの形の場合、こちらがやる作業は基本的に日本語化の作業のみの為、向こうが制作する期間を見てから、ということになります。案の定話を振られて後しばらく間を空け、いつもの担当者ではなく、先方の社長から連絡があったのが初夏の事でした。

それがいきなり「データが一通りできてすぐに生産開始するので、ルールと箱を日本語化してほしい」という話と、リファレンスとして送られてきた内容物一通りのPDFでした。

…それが余りにも酷かった!自分としても、それまで何回も共同生産してうまくいった経緯があったので、正直目を疑いました。どういうことなのか!と至急先方に連絡した所、社長から返ってきたのは「え、何か問題ある?」というトボけた返答と、いつも連絡を取っていた担当者が辞めた、という知らせでした。「えっ…!」と自分が思わずもらした所で、続きます。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.b2fgames.com/trackback.php?id=20131220171902627

「アイム・ザ・ボス!」日本語版、近日発売します! | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。